休養をして治す|うつ病と診断されたらしっかり休んで早めに回復
ウーマン

うつ病と診断されたらしっかり休んで早めに回復

休養をして治す

女の人

うつ病患者本人にとって一番の支えとなるのは、家族のサポートです。うつ病患者は家族うつ病診断されたという事実を伝えづらいでしょう。嫌な顔されるのではないか、理解されないのではないかなど考えてしまうはずです。しかし、家族と一緒に過ごす時間は長いですから、やはりサポートが必要となってきます。自分の状態について知ってもらうためにもまず始めに、自分自身が十分にうつ病について理解することが大切です。どういう病気なのか、どういった治療をするのかなどを家族に説明するためにも知識を身に付けなければなりません。そして、緊張しますが家族会議を行なう時間を設け、一からちゃんと説明して理解してもらいましょう。そうすることで、家族はこれからどういう風に接していけば良いのか把握できます。
また、一緒にクリニックに行く方法もあります。うつ病と思われる症状が現れると診察をしに行かなければなりませんが、一人だと緊張してしまいます。ですが、家族に付き合ってもらえば緊張が解れ安心して診断結果を聞けるはずです。

家族は簡単に「頑張って」と声をかけてはいけません。うつ病になるとネガティブな考えになってしまうので、まだまだ頑張りが足りないと思い込んでしまうからです。そこから無理に頑張ろうとして治療中に症状が悪化してしまうかもしれません。家族には追い詰めるつもりはなかったとしても、うつ病患者にとっては大きな負担となりますから、気持ちを押し付けるようなことをしてはいけません。
よく気晴らしに旅行へ誘う方もいますが、身体的にも精神的にも負担を抱えている患者にとって旅行は疲労が溜まるだけです。楽しい思い出を作ってもらえれば多少は楽になるだろうと考えてしまうかもしれませんが、人によってはそんな余裕はありません。相手の状態を一番に考えて休養を優先にさせてあげてください。旅行は時間を作ればいつでも行けるので、焦らすのは止めましょう。

うつ病の治療で基本的なことは、休養です。仕事や学校をしばらくの間休み、自宅で休養の時間を作らなければなりません。そこで、診断書を作ってもらいましょう。診断書は治療を受けているクリニックでもらうことが可能です。診断書を会社に提出することで傷病手当金がもらえるので、しばらくの間仕事を休んでいたとしても日常生活に支障はありません。
診断書をもらったあと会社に提出するのですが、そのときに上司と面接します。今どういう症状があり働くことが困難ということを説明して理解してもらいます。手元に診断書があればスムーズに話しを進められるでしょう。最近はうつ病に対しての認知度や理解も増えてきているため、偏見は少なくなってきています。
基本的に休職するのは1ヶ月です。診断書にもそう書かれることが多いでしょう。しかし、治療の進み具合によっては1ヵ月の休養だけで足りないことがあります。そんなときは延長ができるため、無理なく自分のペースで治療を進められるはずです。
最近は残業時間を大幅に超過することが続きストレスが溜まったことが原因で、うつ病を発症した人もいます。それでもその人は頑張って仕事を継続していましたが、ストレスに押しつぶされてしまい残念ながら自殺してしまいました。もしも、うつ病の状態で仕事を続けているとこのように過労死してしまうリスクだってあるのです。頑張りすぎた結果が自殺になるのはなんとしてでも防がなければなりません。

うつ病は今や風邪と同じくらい罹りやすいです。毎日元気にしていてもいつの間にか罹っている恐れもあります。しかし、うつ病は風邪のように簡単には治りませんし、根気強く付き合っていかなければならないのです。家族や会社のサポートがあってこそうつ病の治療ができるので、診断書を提出して仕事を休み、ゆっくりとできる時間を作りましょう。ちゃんと休養をとれば自分と向き合うことができるはずです。