診断1つで早期発見、早期治療

うつ病と診断されたらしっかり休んで早めに回復

治療には日記が必要

医者

簡易抑うつ症状尺度でうつ病と診断された場合は、クリニックへ行き治療を開始しましょう。治療はいつ終わるか先が見えませんが、日記を記しておけばモチベーションを上げて治療に励めます。

詳細

心療内科なら行きやすい

女の人

うつ病の治療に最適なクリニックが心療内科です。心療内科は精神科よりも通いやすい雰囲気があり、ストレスを軽減できます。うつ病と診断された場合はちゃんと付き合えるところを探しましょう。

詳細

うつ病からの回復

女性

現在多くの人が、様々なストレスを抱えています。環境問題もそうですが経済活動などで世界的な変化が目まぐるしくなっていることが原因とされています。郊外に比べ都市部は人口が密集していて、忙しさから休息をあまり取れない人も少なくないでしょう。勉強や仕事などで新しく何かを覚えたり、これまでの生活習慣が変わったりすることで人はストレスを感じます。ゆっくりできる公園があればくつろぎの一時を過ごせるかも知れませんが、夏はとても熱く冬は過去にないほど寒いといった異常気象も、身体への負担を大きくするため外出を控えている人もいるでしょう。最近増えている病としてうつ病が有名です。うつ病は生活の中で感じたストレスや疲れがある一定以上溜まると、発症しやすくなります。自分でも気付かない内にうつ病になっていて、自分を責めてしまっている人は、もしかしたら自分一人で問題解決をしようと悩んでいるかも知れません。自分でうつ病対策を行なうためには、うつ病のことを知り思い当たる原因を1つ1つ解決していくことが必要です。忙しくてゆっくり考える時間を持てない場合などは、これまで通りの行動を繰り返してしまうかと思うので、うつ病の治療を行なっている専門の医療機関を受診して診断を受けた方が近道でしょう。医師からうつ病と診断されたら、必要な治療がはじまります。治療のための時間を確保し、ゆっくり休息を取ることが大事です。心と体療法の健やかなバランスを保つためには睡眠や栄養バランスをしっかり取り、ストレスを取り除いていかなければなりません。自分のペースでうつ病を治療することももちろん大切ですが、発症した人の多くに頑張りすぎる傾向が見られるため、診断を受けた医療機関で相談しながら治療の計画を立てていった方が安心です。うつ病は一部の人がなるものではなく、ストレスや疲れを多く溜め込んでいる人であれば、誰にでも発症のリスクはあります。うつ病になっているかも知れないという自覚は、本人がうつ病を知っていないと難しいでしょう。全身倦怠感や吐き気、気分の著しい抑揚や感情をコントロールできないなど様々な症状があるので、気になる場合は休息を取り、専門医のいる医療機関に相談するようにしましょう。放っておくと社会生活を送ることが困難になり、生きている事自体に疑問を持つようになります。うつ病の診断を受けた人は、無理をせず自分に必要なことややりたくてもこれまで我慢してきたことがあれば、やってみると良いかも知れません。

休養をして治す

女の人

家族や会社のサポートがあってこそうつ病としっかり向き合えます。うつ病を患った場合は、診断書を提出して休養する時間をたっぷりと作ってください。そうすれば、ストレスを緩和できます。

詳細